いたさん。(piano)の日記


今日も楽しく!Jazz Pianist板垣光弘の日記です!
by itasunsun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋⑥~Duke Ellington

さて、秋のレコ発第2弾の前のコラム、CDに収録されている曲目について語っていますが、今回も2月のコラムを引用させていただき、CDに取り上げているDuke Ellingtonの楽曲についてです。

さて今回のアルバムにはデューク・エリントンの曲を2曲(「Prelude to a Kiss」「Lush Life」)収録しています。エリントンの曲でよく演奏される曲といえば「A列車でいこう」「サテンドール」「In a Sentimental Mood」「Cジャムブルース」など。シンプルで親しみやすい曲が多いです。でも、またまた若き駆け出しの頃の板垣についてなのですが、それらの様な曲をやろうと提案されようものなら、「えーっ、そんなつまんない曲じゃあなくてさぁ、チックコリアの◯◯◯とかハービーハンコックの◯◯◯とかもっと難しい曲やろうよー」なーんて小生意気な事を言っていたものです。今となっては恥ずかしい限りです。

つまらない曲というか、当時の技量、ジャズの理解度からするとつまらない演奏しかできなかったというのが正直なところかもしれません。

専門的な話になりますが、僕がジャズピア二ストの道を歩み始めたころ、最も大切にしていたことが幾つかあります。正確なリズム、均等で正確な8分音符、確かな理論構成。この3つです。特に最初の2つ、正確なリズムと、正確で美しい粒の揃った8分音符が弾けることが、自分にとってジャズピアニストとしての最高の喜びでした。わかりやすくいうと、といっても分かり辛いですが例えばChick CoreaやOscar Petersonの表面的な美しさ、カッコ良さに憧れた感じ。私見ですが確かに、それらが出来ていると、必要最低限、カッコ良くプロとしての音楽は成立します。これだけできる様になるだけでも、相当な熱い思いと訓練が必要です。基本中の基本なのでそれにこだわって数年間を過ごしたことは間違いではなかったと思います。

縁あって、2008年から伝統ある名門バンド、角田健一(tb)さん率いる『角田健一ビッグバンド』に参加させて頂くことになりました。今も大変お世話になっております。このバンドでは色んなタイプの音楽を演奏しますが、歴史上の有名バンド、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、グレンミラー、ベニー・グッドマンなどの戦前スウィング時代のビッグバンドサウンドを徹底的に追求しているのもこのバンドの魅力です。ハッキリ言って、参加したての頃の僕のピアノは、浮きまくっていて、全くバンドのサウンドにブレンドしていませんでした。カタカタカタと均等な8分音符だけ弾いてりゃいいとゆうわけには行かないことにようやく気付いたのです。

ここで、リズム、グルーブには、数えられない、分類仕切れない程の種類があり、8分音符一つとっても強さ、長さ、鋭さ、優しさ他色んなニュアンス、表現方法がある、そして学校や本で学ぶ理論に全く当てはまらないようなユニークで多彩なサウンドがあるという事を教わりました。デューク・エリントンの音楽について興味をもって取り組むようになったのも、角田さんのバンドに入れて頂いたお陰なのです。Pianistが自分だけの力でエリントンの音楽に取り組むというのは実はなかなか大変なことなのです。

もちろん、まだまだ音楽を限りなく追求して行くという「旅」の途中ではあるので、どこまで出来たかわかりませんが、デューク・エリントンの音楽に向き合って、大変恐縮ですが板垣なりに弾いてみてみたのですが、皆様いかがでしょうか?という思いで、2曲収録してみた次第。その結果はいかに。

いろいろとウンチクを話し過ぎました。まさにウンチくんです💩。ありゃま。まあそんな事はまたまた忘れていただいて、11/23のレコ発ライブは自由にゆったり、リラックスして楽しんでいただければと思います。僕も思いっきり楽しんでpianoを弾きますよ!

明日もがんばります!

d0003502_12321356.jpg

[PR]
by itasunsun | 2017-10-19 12:33 | 音楽 | Comments(0)

カテゴリ

全体
音楽


未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧