いたさん。(piano)の日記


今日も楽しく!Jazz Pianist板垣光弘の日記です!
by itasunsun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋⑤~Moon River

さて、今日からはCD『マイ・ラウンジ・ミュージック』に収録されている曲目に関して語ってみようと思いますが、2月の一回目のレコ発前に投稿したコラムを引用しようと思います。
d0003502_13093083.jpg



今度のソロアルバムには、「ムーンリバー」「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」「ひまわり」「この世の果て」など、人々にとても愛されていて、毎日何処かでボーカリストにジャズクラブで歌われている曲を多く取り上げています。デューク・エリントンの曲も含めて、オリジナルの曲の雰囲気を出来るだけ残した演奏を心がけたつもりでいます。

仕事でボーカリストのpiano伴奏をすることがあるのですが、駆け出しの若い頃はこれがあまり好きではありませんでした。歌がメインですから、Pianoは自己を抑制したPlayをしなくてはいけない。でも当時何しろ若くて、情熱とエネルギーが満ち溢れている訳ですから、たくさん音数を自由にあらゆる方法で弾きたくて弾きたくてたまらないわけです。正直「ムーンリバー」などのシンプルで何度も演奏される譜面を歌手から渡される度に、「またムーンリバーかぁ。つまんないなぁ。ハイハイっ」なんてどこかで思っていました。

でも年齢を重ねると随分考えも変わってきます。自分の人生に照らし合わせて、歌詞やメロディーが心にしみてくる様になります。映画「ティファニーで朝食を」を当時観た僕らの先輩方ははきっとアメリカ、ニューヨークの都市の華やかな生活にあこがれ、夢見たことでしょう。そしてやっぱりムーンリバーは、オードリー・ヘップバーンがギター片手に、アパートの外階段で歌うあのシーン。やはりあのバージョンに懐かしさを覚えるのではないかと思うのです。

「曲は単なる題材だからどんな展開になっても良い。予想がつかない様な即興演奏こそJazzだ!」というのももちろんジャズの醍醐味なのですが、僕らの演奏を聴いて、お客様に何が伝わるか、どんな事を想像するか、そして楽しんでいただけるか。そんな事に今一番興味があります。予想がついてもいいし、必要のないハプニングを無理に求めることもない。

いまボーカリストとの共演はとても楽しいです。もちろんpiano奏者なので、歌詞の内容まで全て把握するのは時間的にも難しいのですが、曲の持つ雰囲気、歌手の息遣い、何かを伝えるには音数、パワーだけでなくできるだけシンプルな方がいい場合もたくさんあります。音数をたくさん弾く夜もあるし、ほとんど弾かない夜もあっていい。そう考えると、気持ちの上ではインストも歌伴も究極のところ自分自身のなかではそんなに変わらなくなって来ました。

まっ、こんなことも忘れていただいて、第2弾のレコ発ライブは皆さん自由に楽しんでいただければ嬉しいです。いっぱい弾く曲もありますし、ほとんど弾かない曲もあります。喋りはどうしようかなぁ。。。

あしたも頑張ります😄

[PR]
by itasunsun | 2017-09-27 12:08 | | Comments(0)

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋 ④~今しか出せない音。

d0003502_13093083.jpg
大学の録音実習でレコーディングした曲は普段僕がホテルラウンジなどで演奏しているナンバーの他、ライブでピアノトリオで演奏しているスタンダードやオリジナル曲など。ピアノを演奏する時は職人的な方法論からその演奏が意図的に構築される部分が大いにあるのだけれども、テイクバックのスピーカーから流れる僕のピアノはそんな要素は全く感じられない、素直に歌が表現されているリラックス感のある演奏でした。そして特にバラードは自分がこれまでに弾いたこともない様なシンプルながら、優しく、切ない感じ。こちらも今までで一番といって良いくらいのピュアな演奏。

演奏家は自分のパートナーが亡くなったり、家族や大切な人に不幸があったり、つらいことがあると演奏に気持ちが入るので、内容が洗練されて来る、つまり良い内容になるなんてよく聞く話だけれど、自分のピアノにもそんなことが起こるとは思いませんでした。正直自分でも驚きでした。きっと今しかこんなピアノは弾けないと思う。この今のピュアな気持ちを、これまでに無く洗練された心からのピアノの演奏を記録しておくべきでないかと思った時に、迷わず一つの結論に達しました。

今だからこそ弾ける僕のソロピアノを、貯まっていたラウンジピアノのレパートリーで録音しよう。

母が亡くなって、残念ながらバンドでのレコーディングは中止になってしまったけれども、幸い僕のスケジュールも、エンジニアの富さんのスケジュールもそのままキープされていた。無理な思いつきだけれども富さんにその旨お願いすると、


「やりましょう!」


何かに惹きつけられる様に、ものごとが進み始めていく。富さんのコーディネートにより、急な事で時間が無いにもかかわらずソロピアノ録音用のスタジオが奇跡的に押さえられた。まさかこのタイミングでソロピアノのレコーディングが現実に動き出すとは思いませんでした。


つづく






[PR]
by itasunsun | 2017-09-18 00:17 | 音楽 | Comments(0)

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋 ③~録音実習へのお誘い

d0003502_13093083.jpg
母の葬儀が終わり、悲しみと喪失感の中過ごしていたある日、1本の電話がありました。富正和さんから。実現しなかったバンドでのレコーディングをお願いしていた。録音エンジニアさんです。「僕の教えている大学の授業で録音実習があるのですが、手伝ってもらえませんか?」

要するに、僕が録音スタジオでピアノを弾き、それを実際に録音する実習で、マイクの置き方、機械の操作、その他諸々を実際の録音現場にみたてて体験しながら様々な事を学んでいく授業。富さんにはお世話になっているし、何かに取り組んでいた方が、気もまぎれるので、引き受けてみる事にしました。

そして当日。川崎の溝の口にある洗足音楽大学。最近ではジャズ科が注目を集めていて、優秀な若いミュージシャンが多数輩出されている話題の大学。近未来都市の様にデザインされた素敵なキャンパス。充実した練習環境。若き日にこんなところで音楽を学んでいたらと、今の学生が羨ましくなる。富さんに案内され、録音の実習が行われる学内のスタジオへ。そこはもう実習用とはいいながら、実際の音楽シーンで使われる様な環境が整備された完璧なスタジオであった。

こんな充実した豪華な設備のあるスタジオで実習が受けられる学生さんは本当に幸せだなぁと思いきや、来ていた学生はなんと女の子が1人。なんとも勿体無い話だ。でも今の僕の沈んだ気分にはちょうど良かったかもしれない。そして広いスタジオに調律されたスタインウェイのグランドピアノが1台。「自由に弾いてていいですよぉ」と富さん。おもむろにピアノを弾き始める。

30分くらい弾いていたかな。即興での演奏や、スタンダード曲にオリジナル。すでに実習は始まっている様だ。コントロールルームで富さんが学生に指示を出している。演奏の集中力が切れてきたので少し弾くのをやめると、今度はピアノ周りでのマイクのセッティングの実習。そんな事を繰り返しながら実習の時間が過ぎて行きました。

「お疲れ様でした。テイクバックを聴いてみましょう」スピーカーから流れてくる僕のソロピアノによる演奏。その内容は、今までに自分でも聴いたことのない様な、びっくりしてしまうようなものでした。


つづく









[PR]
by itasunsun | 2017-09-15 00:49 | 音楽 | Comments(0)

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋 ②~誰もいない海

11/23(木)勤労感謝の日・レコ発第2弾前の、ライナーノーツに代わるコラム。今回は2回目です。
d0003502_13093083.jpg


僕の生まれた家は、父が歌謡曲に関わる仕事をしていた関係でいつも音楽にあふれていました。母も音楽好きだったので、クラッシック、シャンソン、演歌、歌謡曲などジャンルを問わず一日中。特に母が越路吹雪さんの大ファンで、小さい頃の僕は二階のベランダで外に向かって季節に関わらず『今ふぁ〜もう秋ぃ〜』と、彼女のヒット曲『誰もいない海』を絶唱する様な子供だったようです。

そんな子にピアノを習わせたらおもしろいことになるのではないか。また母は戦後の物の無い時代に育ち、ピアノやバイオリンを習わせてもらえるお金持ちの家の女の子がとても羨ましかったそうで、自分がピアノを習いたかったという夢を息子に託したのです。僕は男の子ながら4歳からクラッシックピアノのレッスンに通うことになります。

途中反抗期も含め、中学、高校生のころ、僕は一切ピアノを弾かなかったのですが(吹奏楽でトランペットを吹いていました)、大学のビッグバンドのサークルでジャズと出会い、あるきっかけから大学4年からピアノを再開、そして気がつけばプロの道を歩み始めていました。

何の保証もないこの世界、ピアノを習わせておきながら、実際息子がピアノを職業とするととても心配だった様で、母はお友達とふらっとライブを観に来てくれたり、宣伝してくれたりと、事あるごとに応援してくれていました。

そんな母が、一昨年の8月胃ガンになりました。スキルス性胃がんというかなりやっかいなもので、かなり進行した状態でしたが、この時点で大きな転移は見当たらなかったので、胃を切除。その後一旦快復の兆しが見えたものの、昨年1月に再発。命の期限が現実になってきました。

母を元気づけたい。僕の今のpianoを母に聴かせたい。そんな思いもあって、長く続けてきた僕のバンドのレコーディングの実現を決意。早速スタジオ、エンジニアさんミュージシャンのスケジュールも押さえ、8月の録音に向けて準備を始めました。しかし、母の命の期限が予想より早く訪れます。2016年6月19日。母は亡くなってしまいました。感謝の気持ちを作品にして聴かせたいと思って進めていたレコーディングは中止になりました。命の期限に、間に合いませんでした。

つづく



[PR]
by itasunsun | 2017-09-12 18:57 | Comments(0)

『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思い 2017 秋 ① ~駆け出しの頃

さて、11/23(木)勤労感謝の日に吉祥寺【サムタイム】にて行われる、板垣光弘ソロピアノ『マイ・ラウンジ・ミュージック』CD発売記念vol 2 秋の前に、『マイ・ラウンジ・ミュージック』への思いと題したコラムを再開したいと思います。今日は第1回です。
d0003502_13093083.jpg
僕はライブハウスやホールなどに来てくださったお客さんの前でギンギンにPianoを演奏するタイプのミュージシャンなのですが、一方でBarやホテルラウンジなどでその場の雰囲気に合わせて一人で静かにPianoを弾くような仕事もしています。前者をライブ演奏とすれば、後者をラウンジ演奏と言います。

ラウンジ演奏をBGMなどと言って一つ下の部類と考える人もいますが、実はこの十数年間僕は両方のシーンで丁寧に仕事をしてきました。

1990年頃の日本は世の中がバブル景気に浮かれていて、ジャズのシーンで言えばライブハウスは常に満員。大きなジャズフェスも多く開催され、20代の若いミュージシャンはみなバークリー音楽院などアメリカへ留学、そして帰国した彼らは、優秀であればバンバンとアルバムをリリースしてもらえるという夢のような世界。そんな世界に憧れていた若き大学生であった板垣はいざ、ジャズの世界での修業に飛び込んだのでありますが。。。

いざ飛び込んで見るとバブルは崩壊、ライブハウスは閑古鳥、仕事なんてほとんどありゃしない。まるで焼け野原の様。あのお祭り騒ぎを夢見てジャズミュージシャンを目指し始めた若者たちは、留学するお金など勿論無いのでジャズを勉強するなら基本先輩ミュージシャンのローディーになるか、弟子入りするしかありません。みんながみんなザ・叩き上げ。演奏の場はステージではなく路上に求める事になります。当時の新宿、池袋、新橋駅前などには勢いのいい若いジャズのストリートミュージシャンで溢れかえっていました。

そうはいっても、僕の場合Pianoを路上に持ち込むわけにも行かない。ただ仕事は選ばなければない事もなかったんです。ただギャラはバブル時代に良い思いをした僕らの少し上の先輩ミュージシャンが絶対に引き受けない様な極めて安い値段。そして求められるのは彼らのプライドが許さないような雑多な演奏内容。つまり会場はホストクラブや狭い飲み屋さん。ジャズだけでなく郷ひろみ演れと言われればやったし、ひばりちゃんやってよぉ〜といわれればやっぱりやったし、演歌、シャンソン、ムード歌謡、何でもやりました。僕には信念があって「レッスンでも、採譜でも何でもいい。ミュージシャンは絶対に音楽で食わなければいけない」と常に思っていました。もちろんこの頃はトラックの運転手や弁当の配達など他のアルバイトもしていましたが。駆け出しの頃この様な時代背景だった僕らは、実は求められるあらゆる音楽のジャンルに対応し、丁寧に仕事をする人が多いんです。

そんな訳で、来た仕事は断らず、丁寧に向き合う事を心がけてきたら、最近ではラウンジ演奏も一流ホテルなど比較的良い環境の中でさせて頂けるようになり、継続は力なりとはよく言ったものでラウンジ演奏という範疇で、洗練されたかなりの数のレパートリーがたまってきました。

それらをいつかレコーディングしてみたいという思いが、日を追うごとに強くなっていき、ライブシーンで活動するPianistによるラウンジ演奏をテーマにしたソロピアノアルバム『マイ・ラウンジ・ミュージック』へとつながっていくのです。

つづく



[PR]
by itasunsun | 2017-09-06 00:18 | 音楽 | Comments(0)

レコ発第2弾!やります。

秋めいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて少し先になりますが、11/23(木)勤労感謝の日の昼間に吉祥寺【SOMETIME】にて、好評頂いております僕の最新ソロピアノアルバム『マイ・ラウンジ・ミュージック』CD発売記念ライブ第2弾を開催することになりました。

d0003502_13093083.jpg

題しまして

板垣光弘

SOLO PIANO

MY LOUNGE MUSIC

CD発売記念ライブvol.2

2017 秋

昨年の11月23日に発売、今年の2月に新宿【ピットイン】にてレコ発ライブを開催致しましたが、おかげさまで多くの皆様にご来場いただき大変感謝しております。発売からちょうど一年。そしてこの日は僕の誕生日でもあるのですが、再びソロライブを、場所を吉祥寺【SOMETIME】に移しまして開催することになりました。さすがに1年経つので『レコ発!』と名乗るタイトルは今回で最後にしますが、2月にお送りした曲、そして新しいレパートリーなど、ライブシーンで活動するPianistによるラウンジピアノ『MY LOUNGE MUSIC』をたっぷりお楽しみいただければと思います。秋深まった休日の昼間、是非吉祥寺【SOMETIME】に聴きにいらしてください。



また、以前もここに記しましたが、このアルバムは皆さんに自由にいろんな想いをめぐらせながら聴いていただきたい気持ちから、ライナーノートが一切ありません。とはいっても何も文字で伝えないのもさみしいですし、さすがに1年経つとお話したい事も出てきたので2月のライブ前にも少しだけ行った『マイ・ラウンジ・ミュージックへの想い』というコラムをすこしづつブログにUPしていきます。そちらもどうぞお楽しみに。



2017年11月23日(木)勤労感謝の日
吉祥寺
【SOMETIME】Day Time Show
板垣光弘SOLO PIANO マイ・ラウンジ・ミュージック
CD発売記念ライブvol.2 2017 秋
14:00(2ステージ入れ替えなし) ¥1,000(飲食別途)
0422-21-6336(予約受付中)



よろしくお願いいたします!


[PR]
by itasunsun | 2017-09-02 13:46 | 音楽 | Comments(0)

カテゴリ

全体
音楽


未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト